本文へ移動

作業療法士

作業療法士とは

作業療法士はリハビリテーションの分野における専門職の一つです。その名の通り、作業療法士は対象者の「作業」に焦点を当てた治療・支援を得意としています。英語では「Occupational therapis」といい、日本においても「OT」と略されます。「作業療法」とは、心身に障がいのある方に対して、その治療手段として様々な作業を用いる療法です。作業というと、手工芸のような細かい手作業などを思い浮かべる方も多いかと思いますが、ここでの作業とは日常生活に関わるすべての諸活動のことを指しています。食事や着替えなどのセルフケア、家事や仕事、余暇活動なども「作業」と位置づけられているのです。

怪我や病気など、何らかの理由で作業(=活動)がうまくいかなくなった時、作業療法士は様々な方法で対象者をサポートしていきます。さらに作業療法士は、身体だけでなく精神面に対しても作業を用いてアプローチすることができます。

 

作業療法士の仕事内容

作業療法では、以下の3つの能力を改善・維持することによって、自分らしい生活を獲得することを目標としています。
  • (1)基本的動作能力:運動、感覚・知覚、心肺や精神、認知機能
  • (2)応用的動作能力:食事やトイレ、家事など、日常生活で必要とされる活動
  • (3)社会的適応能力:地域活動への参加、就労、就学、趣味活動など
  •  

理学療法士と混同されがちな作業療法士ですが、その役割はハッキリとわかれており、日常に必要な動作のリハビリからメンタルのケアまで、幅広くフォローしています。ケガや病気によって、身体に不自由を抱えてしまった方の、社会復帰を支援するお仕事です。

0
0
4
9
3
6
6
◆関連施設◆
TOPへ戻る